TOP > BLOG > ヘナで日頃のケアをして、質の良いパーマスタイルを創る

ヘナで日頃のケアをして、質の良いパーマスタイルを創る

2020.09.27

ヘナで日頃のケアをして
質の良いパーマスタイルを創る

サロンで行うメニュー

髪を痛めるものもあれば、髪に優しいものもある

ただ、どちらかというと
見た目を美しくするもの、形を変えるもの
そういうメニューは
髪を痛めるものが、ほとんどかもしれません

パーマやカラーリングに代表されるようにね

その辺りを踏まえた上で、極力
髪の体力を落とさないよう努めるのも、私たちの仕事です

今回ご紹介するゲスト様のメニュー構成は
カット、パーマ、そしてヘナです

それらの組み合わせを使った上で
彼女のリクエストと
今、申し上げたような、髪を痛めることをしながらも
極力
髪の体力を維持するという方向性が、一致しているので
ご来店3回目以降、上記のメニューの組み合わせで
お越しいただくことが、定番ルーティーンになっています

ご来店時のビフォアの状態を撮り忘れました

施術の内容を、ご紹介します

昨年の11月に、ご新規様として
ラクイラにお越しいただきました

当初は、ハナヘナの2回染による
グレイヘア(白髪)のカバーとカットのご依頼

その後
特に頭頂部のボリュームを気にされていたので
パーマをすることになりました

私のサロンにお越しになる前からも
ヘナはされていたそうですが
その前には、従来通りのカラーリングもされていて

でも、ご本人の本当の希望としては
今後、グレイヘアで過ごしていかれたいようです

カラーリングにしても、ヘナの2回染めにしても
白髪が、黒や茶色に変色することに違いはありません

そこで、オリジナルでハナヘナ2種類を調合して
白髪にほんのりグレーが
載っかたような色味が 出る(可能性がある)
ヘナのブレンドを提案して、パーマでのご来店と
ヘナでのご来店を交互になるような
スケジュールでここ1年くらいさせていただいています

ヘナで、髪のコンディションは、すこぶる良好

今回は、パーマでのご来店です

今までは、トップのみのポイントパーマでしたが
これからの季節の装いにも合うように
今回は全体をパーマでカバーして
エレガントありながら
動きのあるスタイルを目指しました

カットは軽く整えて

仕上がりです

トップのボリュームとサイドの毛流れ
そして襟足の収まりが感じられます

両サイドから流れてくる毛流れが交わる
バックセンターも、もたつかないように

彼女の場合
ご自宅でのスタイリングも、巻いていただけるので
ベストに近い状態で、過ごしていただけると思います

皮肉な事だけど、髪を美しくしようと思うと
髪を痛める施術を、しなければならないというのは
紛れもない事実です

「すればするほど髪が良くなるパーマ」
「水が主成分だから髪が痛まない」
こういった魅力的なコピーを
見かけられたこともあると思いますが、、

これらについては
個人的な見解を述べることは控えますが
察していただけると嬉しく思います

一つ確実に言えることは
私ができる技術の最大値を出して
髪に対峙することがライフワークです

ベストを出さない美容師さんはいないと思うから
当たり前の事ではあるんだけど
こうしてブログを書きながら再認識している次第です

ご相談など、お気軽にお問い合わせくださいね

今日も読んでくれておおきに。NOBU

ラクイラ美容室へのご予約は
075-222-1201
salon@laquila.jp

ラクイラ美容室 予約フォーム

サロンのホームページ    
 L`AQUILA

ラクイラホームページ@Google
 L’AQUILA@Google

ブライダル(和装、洋装)の
パーフェクトな、お支度

メイクアップ、着付けレッスン
(プロ養成コース、ご自身用セルフコース)

真にプロフェッショナルな仕事のご依頼は
妻、YUMIKOのホームページより
お問い合わせください

★ブライダルアーティスト
YUMIKOのホームページ


★Facebookはこちら
ぜひ、お友達になってください

★ラクイラへのアクセスはこちら
ラクイラへのアクセス1
ラクイラへのアクセス2

ご質問などは、お電話、または
メールにて
お気軽に、お問い合わせ下さい。

L`AQUILA
高橋 信貴 Nobuki Takahashi

L'AQUILA hair&make branch
高橋 由美子 Yumiko Takahashi

LINE公認。
ラクイラ美容室専用LINEです
お友達登録していただき、こちらからも
ご予約お問い合わせ等
気軽にお申し付け下さい

RESERVE