TOP > BLOG > 「無意識」を「意識」してみる

「無意識」を「意識」してみる

2020.02.29

「無意識」を「意識」してみる

日頃、皆さんは自らの髪に、必ず触れます

朝起きてすぐに
シャワーを浴びる方もいらっしゃるだろうし
仕事中に化粧室で髪を直す
デスクワークで何気なく髪に触れる
夜にシャンプーをする、、etc

ありとあらゆるシチュエーションで
髪に触れられると思います

今日のタイトル

「無意識」を「意識」してみる

要するに
普段、何気なく髪に触れている
その仕草の中に、 ヘアチェンジのヒントが
含まれているかもしれないということ

例えば、長い髪をひとくくりにする時
ポニーテールの根の部分はしっかり持つけれど
毛先には、一切触れずにまとめることってないですか?

全てが全てではないですが
ということは
長い髪の毛先の方にまでは、意識が及んでいない
つまり、その方の「今」には
その長い毛先が、不要であるかもしれない

そこにタイミング良く

美容室で、素敵な提案をされたら
「じゃあ、切る!」って、なるかもしれませんね

こういう場合は、ともすると
いずれ髪を切りたいから、毛先にまで意識が及ばない
という図式もありえますね

それとは逆に
「私、切りたいんだよねぇ、バッサリ、、」と言いながら
常に毛先の髪を触ってる、とか
鏡の前で、自らの髪をまとめる時に
分け目つけて、手で髪をなでおろして
最後に毛先を丁寧に内巻き風にまとめる
なんて仕草が無意識に行われた場合は

その「切りたいのよねぇ、、」というのは
その方にとって、それは本心ではないかもしれない
切ったら後悔するかもしれない

そんな意識が働いている可能性もあるわけです

他にも
その方が、ご自身の毛先を触る真意は
「この傷んじゃった毛先は、切るしかないよねぇ、、」と
半ば「仕方なく」とか、「諦めの気持ち」から
切らないといけないと思っていらっしゃる
そんなケースもあるかもしれません

以上、いろんな可能性を書きましたが
そういう時こそ
信頼の置ける美容師さんの出番であると思います

もしも、そんな美容師さんに、かかってらっしゃったら
是非、お悩みを打ち明けてくださいね

私もサロンワークの中で
お客様の何気ない仕草を
見落とさないように心がけています

長くなりましたが、今日は

「無意識」を「意識」してみる

そんな提案を、させていただきました

今日も読んでくれておおきに。NOBU

ラクイラ美容室へのご予約は
075-222-1201
salon@laquila.jp

ラクイラ美容室 予約フォーム

サロンのホームページ    
 L`AQUILA

ラクイラホームページ@Google
 L’AQUILA@Google

ブライダル(和装、洋装)の
パーフェクトな、お支度

メイクアップ、着付けレッスン
(プロ養成コース、ご自身用セルフコース)

真にプロフェッショナルな仕事のご依頼は
妻、YUMIKOのホームページより
お問い合わせください

★ブライダルアーティスト
YUMIKOのホームページ

全国の新聞社、テレビ局が運営する
街の専門家を探せるWebサイト
「マイベストプロ」
こちらにも詳細を載せています

★マイベストプロ
髙橋由美子のページ


★Facebookはこちら!
ぜひ、お友達になってください!^^

★ラクイラへのアクセスはこちら
ラクイラへのアクセス1
ラクイラへのアクセス2

ご質問などは、お電話、または
メールにて
お気軽に、お問い合わせ下さい。

L`AQUILA
高橋 信貴 Nobuki Takahashi

L'AQUILA hair&make branch
高橋 由美子 Yumiko Takahashi

LINE公認。
ラクイラ美容室専用LINEです
お友達登録していただき、こちらからも
ご予約お問い合わせ等
気軽にお申し付け下さい

RESERVE