TOP > BLOG > ヘナ1度染めの考察、こういう感じなど良いのでは?

ヘナ1度染めの考察、こういう感じなど良いのでは?

2020.08.23

ヘナ1度染めの考察、こういう感じなど良いのでは?

私のサロン、ラクイラで扱う
ヘナのブランドは「ハナヘナ」です

色味を持つものとして
ナチュラル、インディゴ
ハーバルブラウン、ハーバルマホガニー
これらを中心にサロンでは使用しています

白髪自体がオレンジ色に染まって
それをアクセントとして楽しんでいただける方などは
ナチュラルヘナを塗布して、仕上げます

白髪を、やはり黒く染めたい、濃く染めたい
という場合は、私のサロンでは
2度染めを行います

ナチュラルヘナを塗布後
しっかりと時間放置(40分くらい)
そして一度、流したのち
インディゴヘナを塗布します

ただ、このインディゴヘナは
容易には扱うべきではなく
それ単体だと癖の強い薬草だと
私は考えています

インディゴも、ナチュラルヘナと同じように
しっかりと時間放置して仕上げるのですが
往々にして色は暗めに仕上がってきます

もちろん、「それでOK」と
おっしゃっていただける方も
相当数いらっしゃいます

でも、やはり「ちょっと暗いかな」とか
2度染めゆえ「時間がかかるね」とか
そういうケースも出てきます

そのような時、私の場合
今回のタイトルにしましたように
1度染めで出来ることの可能性を
お客様にご協力いただいて探るようにしています

今回ご紹介するゲスト様の
ビフォアを撮り忘れてしまいましたが
次の写真でおおよその感じは
掴んでいただけると思います

白髪の割合は多い方に見えますね
事実そうです

今日、紹介している写真は
全て仕上がりのものです

多めの白髪の素材に
ナチュラルヘナとインディゴを私が適時
調合して使用するヘナを作っています

もともと、商品として
上記の組み合わせをそれぞれの割合で調合した
ハーバルブラウンとハーバルマホガニー
という商品があるのですが
私の場合は、ちょっとした拘りで
それぞれを自分で調合して作っています

上の二枚の写真のように
アップで見ると白髪の染まりとしては、、
弱く感じますね?

次は、全体の仕上がりの写真を載せます

素材としては、1週間ほど前に
カットとパーマを施しています

いかがですか?
こういう感じもアリだと思っていただける方には
訴求力のある実例だと思います

彼女の場合、まず第一に
髪も頭皮もとてもデリケートであるため
ヘナを希望されました

そして、今後の展開としても
白髪を上品に活かしたヘアスタイルに
していきたいという要望もあり
ヘナの調合で、彼女の希望に
少しずつ近づけるようにしています

ただ、ヘナは100パーセント自然由来のものなので
「草の都合」「草のご機嫌」によって
仕上がりは変わってきます

ですので
ゲスト様のご理解とご協力を頂きながらではありますが
サロンで日々、調整を行っています

髪と頭皮には本当に優しい素材ですので
今まで薬品でかぶれた、とか
ケミカルにはどうしても抵抗があって、、
というようなお悩みの方には
ご一考いただだいても良いかな?
と思っています

ご相談など、お気軽にお問い合わせくださいね^^

今日も読んでくれておおきに。NOBU

ラクイラ美容室へのご予約は
075-222-1201
salon@laquila.jp

ラクイラ美容室 予約フォーム

サロンのホームページ    
 L`AQUILA

ラクイラホームページ@Google
 L’AQUILA@Google

ブライダル(和装、洋装)の
パーフェクトな、お支度

メイクアップ、着付けレッスン
(プロ養成コース、ご自身用セルフコース)

真にプロフェッショナルな仕事のご依頼は
妻、YUMIKOのホームページより
お問い合わせください

★ブライダルアーティスト
YUMIKOのホームページ

全国の新聞社、テレビ局が運営する
街の専門家を探せるWebサイト
「マイベストプロ」
こちらにも詳細を載せています

★マイベストプロ
髙橋由美子のページ


★Facebookはこちら!
ぜひ、お友達になってください!^^

★ラクイラへのアクセスはこちら
ラクイラへのアクセス1
ラクイラへのアクセス2

ご質問などは、お電話、または
メールにて
お気軽に、お問い合わせ下さい。

L`AQUILA
高橋 信貴 Nobuki Takahashi

L'AQUILA hair&make branch
高橋 由美子 Yumiko Takahashi

LINE公認。
ラクイラ美容室専用LINEです
お友達登録していただき、こちらからも
ご予約お問い合わせ等
気軽にお申し付け下さい

RESERVE