TOP > BLOG > 保険も、シャンプー、トリートメントも見直しが必要な事がある

保険も、シャンプー、トリートメントも見直しが必要な事がある

2017.03.06

個人的な事ですが、個人の保険の見直しをしています。

どんなものでもそうですが、新しいものが良いとは限りません。
ただ、新しいものには、それなりの時代のニーズにあった商品が多いのも事実
保険にしてもそうですね

僕の場合は、告知しないといけない項目があり、
見直しの作業は慎重を期すので、しっかりと精査していきたいと思っています。

さて、タイトルに書きました、
髪に関する製品にしても見直しが必要ということ。
「新しい」、「古い」という要素よりも、
今の素材(ご自身の髪)に対して、
その商品が合っているかどうか?」が重要です。

髪というのは、いや、髪に限らず、人体に関わるものに
不変ということはありえません。

肌の調子も日々違えば、胃腸の調子もまちまち、
視力聴力にしても、変化します。そして、それらは残念ながら、
年を重ねるごとに、良い方向には向かっていくことは稀です

髪の毛の主成分はたんぱく質であり、
毛根にある毛母細胞の増殖によって生成されたものですが、
髪そのものに命はありません。

つまり、生えている髪の毛自身に、治癒する力や
修復する力はないわけです。

髪の状態は、その人の体の中身の
細胞レベル、遺伝子レベルで、日々、年々、変化していくものです。

変化する、ということで、おわかりいただけると思いますが、
その変化する髪質に対して使用する、
シャンプー、トリートメント、コンディショナー、ヘアオイル、、etc達も、
本来、その時その時の髪質に合ったものを使用することが、
正しい選択になると思っています。

一概に、「この髪質には、これが合う、、、」といった決まりはありません。
年齢や、生活環境、髪の履歴(パーマやカラーの有無など)スタイリングの仕方、、etcを
総合的に判断してセレクトしていくものです。

例えば、今まで使ってきたシャンプーのシリーズ、
「初めは良かったんやけど、最近どうも髪の調子が悪い、、」
などという現象が起きることがあります。

そんな時は(今の)髪質に、(今までの)商品が合わなくなった可能性もあります。
そしてそれは、ヘアケア製品の見直しのサインかもしれません

長々と書きましたが、信頼の置ける美容師さんがいらっしゃるとして
髪について「うまくいかないサイン」が現れ始めた時には
是非とも、相談なさってください。

「私の髪、以前は良かったのに、、」そんな悩みが解消するかもしれませんよ。

今日も読んでくれておおきに。NOBU

★ラクイラのホームページはこちら

★ラクイラへのアクセスはこちら
ラクイラへのアクセス1
ラクイラへのアクセス2

★ご予約はこちら

LINE公認。ラクイラ美容室専用LINEです
お友達登録していただき、こちらからも
ご予約お問い合わせ等、お気軽にお申し付け下さい

友だち追加数