TOP > BLOG > ラフな質感を素敵にするには、髪の質がラフではいけない

ラフな質感を素敵にするには、髪の質がラフではいけない

2018.08.09

ラフな質感を素敵にするには
髪の質がラフではいけない

ラフ、無造作であるとか
そんな使い方もされる表現ですね

ヘアの分野でも
とても良く使われる表現です

このラフという言葉
取り違えると大変です

ラフな感じを素敵に見せるには
髪質は、ラフではいけません

ゲスト様ビフォア

定期的に根元のリタッチと
中間から毛先には
ハナヘナトリートメントを 施しています

普段、しっかりとまとめることも
ダウンにして過ごされることもある

あらゆるシーンで
髪の表情が素敵である事

その為には、髪の内部が
健康であることが必須条件です

動きのある
ダウンスタイルのロングですが
こういう表情を見せてくれるのも
髪の健康があってこそです

ポニーテールを解いた時に
サラッと肩にかかる髪

髪を、かきあげた時に
指の間を通る髪の感触を感じる

そんな、見た目にも、触れた時にも
嬉しくなるような髪

そんな髪を全ての皆様に
提供することが私の目標です

皆様のお役に立てます事が、ありますように

今日も読んでくれておおきに。NOBU

ラクイラ美容室及び高橋の
電話番号
ならびにメールアドレスです
075-222-1201
salon@laquila.jp

髪の色んな事、お気軽にお問い合わせくださいね

★ラクイラのホームページはこちら

★ラクイラへのアクセスはこちら
ラクイラへのアクセス1
ラクイラへのアクセス2

★ご予約はこちら

ブライダル(和装、洋装)のパーフェクトな、お支度
メイクアップ、着付けレッスン
(プロ養成コース、ご自身用セルフコース)
真にプロフェッショナルな仕事のご依頼は
妻、YUMIKOのホームページより
お問い合わせください

★ブライダルアーティスト YUMIKOのホームページ

LINE公認。ラクイラ美容室専用LINEです
お友達登録していただき、こちらからも
ご予約お問い合わせ等、お気軽にお申し付け下さい

友だち追加数


このエントリーをはてなブックマークに追加