TOP > BLOG > いつも、希望のスタイルより短くされてしまう、、そんな方にも。ドライカットの事

いつも、希望のスタイルより短くされてしまう、、そんな方にも。ドライカットの事

2018.09.08

いつも、希望のスタイルより短くされてしまう、、
そんな方にも。ドライカットの事

私はドライカットを
全員のお客様に施します

その仕方、技術は様々ですが
漏れなく全てのお客様の髪に、施します

このことは
大げさでなく、私の生命線とも言えるものです

髪という素材は、濡れると伸びて
乾くと縮む性質を持っています

そして
濡れていると、髪の毛同士はひっつきます
反対に、乾いていると、パラパラと一本ずつ離れる

そんな、それぞれの性質を活かして
濡れている時に切る場合と
乾いている時に切る場合を
使い分けます

私がドライカットを必ず行う理由

それは、お客様のほぼ全てが
(人は、ほとんど、と言ってもいいかな)
髪は、乾いた状態で過ごされている、からです

乾いている状態で、お過ごしになる
その素材を、濡れている時にカットしたまま
それを乾かした時には、何も手を加えない
という事は、私には怖くて出来ません

私は必要に応じて、ウェットでベースカットを行い
仕上げの質感や量感のコントロールなどをする場合に
ドライカットを施しますが
今回のケースのように
初めからドライカットで創っていく事もあります

ゲスト様ビフォア

「いつも、希望のスタイルよりも短くされてしまって、、」と

前回の時も、濡れた状態でのカットであったようです

もちろん、ウェットでのカットはとても大切です

でも
仕上がりが、お客様の望むもので無いのならば
それだけでは不十分であるという事になる

ゲスト様の希望するスタイルは
写真のコピーをお持ちいただいていたので
しっかりとイメージする事ができました

ドライカットに、しっかりと心を込めます

今回に関しては
ウェットカット、ドライカットの
チョイスの良し悪しでなく
前回のカットそのものが
彼女のご希望とは、反対の技術で構成されていました

例えば、、
長くなければいけないところが短い、
といったようなことです

そんな、「不具合」もドライカットで
シルエットや長さを、細かく見ながら
修正していくことができます

浮きやすい襟足も
その状態を見ながら、対処ができます

前回に切られ過ぎているので
ご希望のスタイルまでは、少し時間が必要ですが
その前準備は、しっかりと、させていただけました

これからが楽しみです

タイトルにしましたように
「いつも切られ過ぎちゃって、、」ということをはじめ
「なんか乾いた時に重くて、まとまんなくて、、」
「生え際なんかの癖が気になって、、」などなど

ドライカットが、お役に立つことが、あるかもしれません

お気軽にご相談くださいね

今日も読んでくれておおきに。NOBU

ラクイラ美容室及び高橋の
電話番号
ならびにメールアドレスです
075-222-1201
salon@laquila.jp

髪の色んな事、お気軽にお問い合わせくださいね

★ラクイラのホームページはこちら

★Facebookはこちら

★ラクイラへのアクセスはこちら
ラクイラへのアクセス1
ラクイラへのアクセス2

★ご予約はこちら

ブライダル(和装、洋装)のパーフェクトな、お支度
メイクアップ、着付けレッスン
(プロ養成コース、ご自身用セルフコース)
真にプロフェッショナルな仕事のご依頼は
妻、YUMIKOのホームページより
お問い合わせください

★ブライダルアーティスト YUMIKOのホームページ

LINE公認。ラクイラ美容室専用LINEです
お友達登録していただき、こちらからも
ご予約お問い合わせ等、お気軽にお申し付け下さい

友だち追加数


このエントリーをはてなブックマークに追加