TOP > BLOG > 軽くしても軽くしても軽くならない!どうすれば軽くなりますか?

軽くしても軽くしても軽くならない!どうすれば軽くなりますか?

2018.11.08

軽くしても軽くしても軽くならない!
どうすれば軽くなりますか?

答えは

軽くしなければ良いのです

、、、

人を食ったような物言いで、ごめんなさい

そして、今から申し上げることが
当てはまらないケースもありますから
その時は、ごめんなさい

でもこれだけは自信を持って言える

彼女は、この半年
本当に本当に、良く耐えてくださいました

何をか?

「髪を軽くしない事を」、です

ラクイラに初めてお越しいただいたのが
今年の6月のある日
まだ、夏前だというのに暑い最中でした

彼女は、ご自身の髪の毛先を触りながら
「どうしても髪が軽くならないの、、
逆に軽くしてってお願いすればするほど
後々になって、余計に膨らんできて、、」と

本当にお辛そうでした

それはそうですよね
軽くなりたいのに、その逆になっちゃうんですから

でも、、

そう言って話してくれる彼女の毛先は
今にも消え入りそうなほどしか、髪が残っていない
「軽い」なんてレベルではなかった
という事実、そこに起こっている現実

皆さんは理解する事が出来ますか?
そこに何が起こっているか
どのような現象なのかわかりますか?

全ての技術がそうではないし
的確な処理がされていれば
全く問題のない事である事を
はじめに申し上げておきます

その上で、彼女の髪に何が起こっていたのか?

彼女の髪は、「梳かれ過ぎ」「削がれ過ぎ」でした

美容室に行く度に
なかなか思うように軽くならないから
担当の美容師さんに「軽くしてください」と
お伝えになる

美容師さんは
「はい、軽くしますね」とハサミを入れる

至って、普通な光景に見えます

髪というものは、引っこ抜かない限り
髪全体の量が少なる事はありません

つまり、髪の量を減らすという事は
実際には、「減っていない部分」も存在するわけです

毛先しか軽くしなかったら
それより根元側の髪の毛は
元々の毛量なわけですね

そして
もっと難しいのは
髪の毛っていうのは、ヘアスタイルっていうのは
髪の重なりで 構成されているという事

軽くする仕方を間違うと
本来、軽くするはずの技術が
むしろ髪のボリュームを助長してしまいかねない
そんなケースが起こりうるんです

詳しい話としては、彼女の場合
「軽くして」とお願いをされて
実際に軽くなっていったのは毛先の方の髪
部分でいうと主に「裾」の方の髪です

でも彼女は、顔まわりやサイドを含めて
髪、全体を軽くして欲しかった

スッと手を入れてみると
希望の部分は軽くなっていなくて
(むしろ元の髪の量のままだから重い)
先の方ばっかり、下の方ばっかり髪が軽くなってる

だから、見た目にも手触りにしても
対比の関係で、上の方や、サイドの方の髪が
余計に重く感じられてしまっていたんですね

当然、ボリュームも、すごく多く見えてしまって、、

ここから、初めの方の話に戻します

だから、彼女に頑張っていただいたんです

「髪を軽くしない」事を

毛先の方のショボショボの部分や
それを含む、軽くなり過ぎている部分が
正常な状態になってくれば、、

先ほど申し上げた対比の関係で
上の方やサイドの方の髪の重さは
以前ほど気にならなくなる、と
最初のカウンセリングで判断しました

ですから、それに向けて
毛先のカットは施して、シルエットは整えるけれど

この半年間の間、ご来店回数にして数回
ただの一本たりとも髪を軽くしませんでした

巻き髪での仕上げです
とても素敵でしょう?

初めのうち彼女は「軽くしないの?」と
それはそれは、不安そうで

でも、私の方針を理解してくださって
頑張ってくださったんです

そうして、やっと、ここまで
(手前味噌で申し訳ないですが)素敵になってきました

不思議なもので、カットが思い通りでないと
ご本人としては
髪の状態も良くなく感じるものです

それについても
「最近、とても髪のコンディションが良いのよ、笑」
と言ってくださって

サッとご自身で、髪に手ぐしを通された後の
髪の表情も、本当に素敵になってきました

全体にシルエットや髪の重さなど
全体的にコンディショニングして
来年の春〜夏あたりにデジタルパーマを
おかけする約束をしています

初回のご来店時に
「一年計画でお願いします」と申し上げました

彼女は、とても驚いておられました

内心はきっと「そんなに掛かるの、、泣」
だったと思うんです

なので、本当に、彼女は
頑張ってくださいました

心から感謝しています

そして、今度は、これからは今まで以上に
私が彼女を、美しくする番です

嬉しさと同時に、身の引き締まる思いです

長々と書きましたが
「髪を軽くする」事、その仕方って
とても大切な事です

皆さんのお役に立てることが
少しでも多く、ありましたら幸いです

今日も読んでくれておおきに。NOBU

ラクイラ美容室へのご予約は
075-222-1201
salon@laquila.jp

ラクイラ美容室 予約フォーム

サロンのホームページ    
 L`AQUILA

ラクイラホームページ@Google
 L`AQUILA@Google

ブライダル(和装、洋装)の
パーフェクトな、お支度

メイクアップ、着付けレッスン
(プロ養成コース、ご自身用セルフコース)

真にプロフェッショナルな仕事のご依頼は
妻、YUMIKOのホームページより
お問い合わせください

★ブライダルアーティスト
YUMIKOのホームページ


★Facebookはこちら

★ラクイラへのアクセスはこちら
ラクイラへのアクセス1
ラクイラへのアクセス2

ご質問などは、お電話、または
メールにて
お気軽に、お問い合わせ下さい。

L`AQUILA
高橋 信貴 Nobuki Takahashi

L'AQUILA hair&make branch
高橋 由美子 Yumiko Takahashi

LINE公認。
ラクイラ美容室専用LINEです
お友達登録していただき、こちらからも
ご予約お問い合わせ等
気軽にお申し付け下さい

友だち追加数

RESERVE