TOP > BLOG > 美しい仕事から美しいスタイルが創られる

美しい仕事から美しいスタイルが創られる

2017.08.16

美しい仕事から美しいスタイルが創られる

私を育ててくださった先生のほぼ全て
そして美容師としての大先輩である母からも
こう教わりました

立ち居振る舞い、所作、仕草、言葉遣い、、etc
そのようなレベルまで
ご指導いただいた先生もいらっしゃいました
「茶道」「華道」を習うことを勧めていただいたり
(結局、踏み出せなかったんですが、、)

例えば、シャンプーの時
水が外にハネたり、泡が飛んだりする人って
シャンプーが下手な人が多いです

パーマなら、ペーパーやゴム、ロットなんかを
しょっちゅう落としたり、床に落ちていても
気にせず仕事をしたり、、
(若干、自分で書いてて耳が痛い、、)
そういう人は、たいていパーマも雑だったり下手だったり

僕が目指していた先輩の仕事は
本当に流麗で優雅で美しかった

1つの作業が終わった後の現場を見れば
「今、掃除したの?」ってくらい大袈裟でなく綺麗だった

料理人さんもそうだと言いますね

まな板、包丁が、作業で使われたのち
すぐに洗われて元の位置に収まってる
料理が一つ出来上がると同時に片付けも終わっている

これってね、共通することがあって

それは、事故を防ぐという意味合い

美容室なら、例えば
シャンプーなら水ハネをなくすと
お客様の衣服も濡らさない

あと、例えば耳に疾患をお持ちのお客様などは
本当に気にされます、水が入ることを

そういう意味でも、丁寧なシャンプーは必須です
何より雑なシャンプーは気持ち良くありません

パーマなら、薬剤を丁寧に塗ることで
こちらもやはり薬品の飛散を抑えられます

お客様にはケープをお掛けしているとはいえ
どこで付着するかわかりませんから

そして飛散するということは
それだけあの独特の匂いのするパーマ液が
広範囲に飛び散るわけですから
フロアの中に不快な匂いが広がる可能性も
増えてしまいます

料理人さんなら
いつも清潔にしていることで
食中毒の予防になるでしょうし
刃物などが散乱していると
怪我の元にもなるでしょうから
しっかりと使った後すぐに整頓することで
事故も防げますよね

でも何より、どんな仕事でも
その良悪は、仕事へ向き合う姿勢を
示していると思います

今日の私の服装は

ネイビーの麻のシャツなんですけど、、
結構、良いお値段したので、
大切に3〜4年、愛用してるんですが
気をつけていても、、

こんな風に
薬剤が飛んでしまって脱色されてしまいます
たぶんこれはパーマ液の、とある2剤の仕業です

「そやつ」は本当に怖いくらい色物を変色させます
他にもまだまだ悪さをする薬品はいっぱいあります

自分が被害を被ってるだけで
お客様に迷惑がかかっていないのでまだ良いのですが
美しい仕事ができてるかといえば、まだまだ疑問です

これからも精進の日々です

補足ですが、今日の帽子は紙で出来ています^^
なので、洗えない、、汗

汗、、としましたが
極端に多くの水分に濡らすこともできません

なので
仕事で冷や汗をかくような失態は
できないということです,,笑

だから、、、というわけではないですが

美しい仕事、質の良い仕事を心がけて
美しいスタイルを創り続けたい
それが私の願いです

今日も読んでくれておおきに。NOBU

ラクイラ美容室及び高橋の
電話番号
ならびにメールアドレスです
075-222-1201
salon@laquila.jp

髪の色んな事、お気軽にお 問い合わせくださいね

★ラクイラのホームページはこちら

★ラクイラへのアクセスはこちら
ラクイラへのアクセス1
ラクイラへのアクセス2

★ご予約はこちら

LINE公認。ラクイラ美容室専用LINEです
お友達登録していただき、こちらからも
ご予約お問い合わせ等、お気軽にお申し付け下さい

友だち追加数